Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - JF全漁連

全国漁業協同組合連合会は、通信販売サイト「JFおさかなマルシェ ギョギョいち」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報含む個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同会によれば、5月14日までに同サイトを利用したり、会員登録した顧客の氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレスのほか、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが流出した可能性があるもの。同サイトは約1万9000人が会員登録しているという。

5月14日に警察から個人情報流出の可能性があると連絡を受け、同日サイトを停止した。サイトのシステムを侵害されてプログラムが改ざんされ、顧客の入力情報が窃取された可能性がある。

同団体では、監督官庁である農林水産省へ報告。外部協力のもと調査を進めている。

過去に同サイトを利用したことがある顧客に対しては、身に覚えのない請求などが行われていないか確認するよう呼びかけた。

サイトの再開日については、決定次第サイト上で告知するとしている。

(Security NEXT - 2024/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も