Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発言語「R」のデシリアライズ処理に脆弱性 - 修正版へ更新を

開発言語「R」において実装の不備があり、細工されたファイルを読み込むと任意のコードを実行される脆弱性が明らかとなった。セキュリティ機関より注意が呼びかけられている。

RDS形式でシリアライズされたデータのデシリアライズ処理に脆弱性「CVE-2024-27322」が明らかとなったもの。

細工されたファイルを読み込むと、意図とは異なるタイミングでオブジェクト内の式が評価され、任意のコードを実行されるおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、同脆弱性のベーススコアは「8.8」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

同脆弱性は「同4.4.0」にて修正されており、セキュリティ機関などがアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース