Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PAN-OS」脆弱性への攻撃、国内でも被害報告

同センターは、脆弱性「CVE-2024-3400」の修正や緩和といった対策にくわえて、機器において被害が発生していないか確認することを推奨。

脆弱性を悪用され、設定情報や資格情報などが読み取られた可能性がある場合は、資格情報を変更するなど必要に応じて対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
高校よりレターパックで送付された申請書類が所在不明 - 東京都
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
設定ミスでメールを誤転送、姓と名を逆に入力 - 筑波大
住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社
「Adobe FMPS」が静かに定例外パッチ - 深刻な脆弱性を修正
動画エンコードライブラリ「libaom」などに脆弱性 - アップデートで修正