Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性

オンラインビデオ会議サービスを展開するZoomは、クライアントソフトにおいて脆弱性を修正したことを明らかにした。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあたる4月9日にセキュリティアドバイザリ3件を公開し、「Zoom Desktop Client」に関する3件の脆弱性について明らかにしたもの。

Windows版では「CVE-2024-24694」、macOS版では「CVE-2024-27247」を修正した。いずれもインストーラにおいて権限管理に不備があり、ローカルユーザーにおいて権限の昇格が生じるおそれがある。

さらにLinux版では、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2024-27242」が存在。悪用されるとサービス拒否に陥るおそれがある。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「CVE-2024-24694」が「5.9」、「CVE-2024-27247」が「5.5」、「CVE-2024-27242」が「3.5」。重要度は「CVE-2024-24694」「CVE-2024-27247」をともに「中(Medium)」、「CVE-2024-27242」を「低(Low)」としている。

いずれも「バージョン5.17.10」にて修正しており、同社は最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「mixi」にPWリスト攻撃 - 2月から3月にかけて発生
バッファロー製ルータでボット感染が増加 - 脆弱なパスワード設定に起因か
先週注目された記事(2024年5月19日〜2024年5月25日)
「MS Edge」もアップデート - 今月4度目のゼロデイ修正
積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院