Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GitHub Enterprise Server」に複数脆弱性 - アップデートが公開

GitHubは、「GitHub Enterprise Server」のセキュリティアップデートをリリースした。複数の脆弱性やバグを解消している。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、アップデートを通じて複数の脆弱性に対処したもの。「CVE-2024-2443」はコマンドインジェクションの脆弱性。管理コンソールの編集者ロールを持つ場合、特定環境下でアプライアンスに対し、管理者としてSSHによるアクセスが可能となる。

「CVE-2024-2469」は、管理者ロールを持つ場合にリモートよりコードを実行して、SSHでroot権限によるアクセスを取得することが可能だという。

いずれもバグ報奨金プログラムを通じて報告を受けたとしており、アップデートのリリースノートでは、脆弱性の重要度をともに4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングした。

一方「CVE-2024-2443」は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると「9.1」、重要度は「クリティカル(Critical)」とされており、リリースノートにおけるレーティングとギャップが見られる。

(Security NEXT - 2024/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府
MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み
「WordPress 6.5.2」が公開 - XSS脆弱性を修正
第三者にメールを閲覧された痕跡、詳細を調査 - 東芝テック
計算用サーバが攻撃の踏み台に、テストアカを侵害 - お茶大