Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Fortraのファイル転送製品「GoAnywhere MFT」に脆弱性

Fortra(旧HelpSystems)のファイル転送ソリューション「GoAnywhere MFT」に脆弱性が明らかとなった。1月のアップデートで修正済みとしている。

現地時間3月14日にセキュリティアドバイザリを公開し、「同7.4.1」および以前のバージョンにパストラバーサルの脆弱性「CVE-2024-25156」が含まれていることを明らかにしたもの。

細工したURLを用いることで、クライアントよりリモートから認証なしに「GoAnywhere」内のページにアクセスすることが可能で、情報漏洩が生じるおそれがあるという。

機密性と完全性における低い影響にとどまるとして、同社では共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「6.5」、重要度を4段階中、上から3番目にあたる「中(Medium)」とレーティングした。

同社では現地時間1月31日にリリースした「同7.4.2」にて同脆弱性を修正しており、同バージョン以降へ更新するよう利用者に呼びかけている。

なお、同製品では「同7.4.1」より以前のバージョンに深刻な脆弱性も判明している。「GoAnywhere MFT」の脆弱性については、過去にランサムウェアグループなども攻撃の標的としており、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2024/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中