Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を

JetBrainsのソフトウェア開発支援ツール「TeamCity」に深刻な脆弱性が明らかになった。リモートよりサーバの管理権限を奪われるおそれがあり、同社は早急に対策を講じるよう呼びかけている。

「同2023.11.3」および以前のバージョンに認証をバイパスされる脆弱性「CVE-2024-27198」や、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2024-27199」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されるとリモートよりサーバの認証を回避して管理権限を奪われるおそれがある。

2024年2月にRapid7が発見したもので、外部へ非公開のもと報告された。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「CVE-2024-27198」が「9.8」、「CVE-2024-27199」が「7.3」となっており、それぞれ重要度は「クリティカル(Critical)」「高(High)」とレーティングされている。

同社は現地時間3月4日にリリースした「同2023.11.4」で、これら脆弱性を含め4件のセキュリティに関する修正を実施した。同バージョンへアップデートできない環境向けにパッチプラグインも用意しており、早急に対策を講じるよう利用者に呼びかけている。

同社が提供するクラウド版についてはすでにパッチを適用しており、攻撃などは確認されていないという。脆弱性を報告したRapid7では、パッチのリリースなどを受け、脆弱性の詳細について公開した。

なお「TeamCity」に関しては、これら脆弱性以外にも「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性「CVE-2024-23917」なども判明しており、JetBrainsでは「同2023.11.3」にて修正したことを明らかにしている。

(Security NEXT - 2024/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中