Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県立高で2度にわたりメールの誤送信が発生 - 佐賀県

佐賀県教育委員会は、県内の高校において2度にわたってメールの送信ミスがあり、関係者に関するメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同委員会によれば、2月8日17時ごろ、県立高校の職員が学校行事に関するメールを公用のメールアドレスから関係者37人に送信した際、送信先を誤って宛先に入力したもの。受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。

その後、関係者からメールが届いていないと連絡があったため、3時間後に私的なメールアドレスから同様のメールを再度送信。その際も送信先を宛先に入力していたという。

同日、メールを見た別の職員が誤送信に気づき、管理職に連絡。同校では翌9日、対象となる関係者に電話などで謝罪を行い、誤送信したメールの削除を依頼した。

また関係者向けの説明会を開き、あらためて説明と謝罪を実施。2月13日までに関係者全員において誤送信されたメールが削除され、拡散されていないことを確認している。

(Security NEXT - 2024/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
メールサーバがフィッシングメールの踏み台に - 広済堂HD子会社
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中