Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Juniper製機器の「Junos OS」に複数脆弱性 - 定例外でアドバイザリ

Juniper Networksのネットワーク製品「SRXシリーズ」「EXシリーズ」に搭載されている「Junos OS」に複数の脆弱性が明らかになった。

現地時間1月25日にセキュリティアドバイザリを公開し、「Junos OS」のウェブコンポーネントである「J-Web」における複数の脆弱性を公表したもの。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「8.8」。重要度は4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。

具体的には、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2024-21620」や、認証の欠如の脆弱性「CVE-2024-21619」「CVE-2023-36846」「CVE-2023-36851」の4件が判明した。各脆弱性のCVSS基本値を見ると「CVE-2024-21620」が「8.8」とされており、のこる3件はいずれも「5.3」となっている。

同社では、「Junos OS 23.4R1」「同23.2R1-S2」「同20.4R3-S9」「同21.3R3-S5」にて「CVE-2024-21619」を修正した。

他バージョンや「CVE-2024-21620」に対処したアップデートは1月29日の段階で公開が保留となっている。また「CVE-2023-36846」「CVE-2023-36851」の解決策については言及されていない。

(Security NEXT - 2024/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

画像管理サーバがランサム被害、救急や一般外来受入に影響 - 国分生協病院
JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
Rapid7が「TeamCity」脆弱性の詳細を公開 - 報告側と修正側で意識に差
発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正