Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブフレームワーク「Laravel」の既知脆弱性、攻撃の標的に

ウェブアプリケーションフレームワーク「Laravel」において、2018年に判明、修正された既知の脆弱性に対する攻撃が発生している。米当局が注意を呼びかけた。

現地時間1月16日に米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が、「CVE-2018-15133」を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」へ追加したもの。

「CVE-2018-15133」は、信頼できないデータをデシリアライズするため、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性。悪用には「APP_KEY」を事前に入手する必要があるとしている。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.1」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

同脆弱性は、2018年8月にリリースされた「同5.6.30」にて修正された。同脆弱性については、すでに実証コード「PoC」を含め、詳細が公開されている。

CISAでは、同カタログへ追加することで米行政機関に対して一定期間内に対応するよう促すとともに、広く悪用されるおそれがあるとして注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2024/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開