Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定保健指導の参加者情報が外部流出 - 伊丹市

伊丹市は、ウェアラブル端末を活用した同市特定保健指導の参加者に関する個人情報が外部に流出したことを明らかにした。委託先のシステムが「ノーウェアランサム」の被害に遭ったという。

同市によれば、生活習慣病予防のためにウェアラブル端末を活用した同市特定保健指導へ参加した20人に関する氏名、住所、性別、生年月日、被保険者番号、健診結果のほか、アバター画像、血糖値、リブレ、ベジメータファイル、一括集計用PDFデータファイル、コミュニティへの投稿動画などが流出した可能性がある。

業務を委託していたY4.comが利用するシステムが、12月10日に第三者によりサイバー攻撃を受けたもので、12月14日に同社より報告があった。システム上よりデータを窃取、さらに削除され、いわゆる「ノーウェアランサム」の被害に遭ったという。情報の公開や悪用などは確認されていない。

同市では、今回の問題を受けて個人情報保護委員会に報告。流出が確認された対象者に対して電話で連絡を取り、状況を報告するとともに謝罪を行っている。

Y4.comに対するサイバー攻撃の影響については、千葉市も個人情報が流出した可能性があるとして事態を公表している。

(Security NEXT - 2023/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県