Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPressの開発チーム名乗るフィッシング - 不正プラグインに誘導

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」で構築されたサイトの管理者を狙ったフィッシング攻撃が出回っている。「脆弱性パッチ」に見せかけ、悪意あるプラグインをインストールさせようとしていた。

DefiantのWordfence脅威分析チームによれば、送信元として「WordPress」の開発チームを名乗り、脆弱性の警告に見せかけたフィッシングメールが出回っているという。

メールの本文では、WordPressセキュリティチームが受信者のウェブサイトに脆弱性を発見したなどと記載。リモートよりコードを実行され、情報を窃取されるおそれがあるなどと不安を煽っていた。

無関係のCVE番号「CVE-2023-45124」を示しつつ、深刻な脆弱性を解消できるよう次期アップデートを準備しているなどともっともらしく説明。同脆弱性の悪用を防ぐためなどとして、リンク先よりすぐにプラグインをインストールして、有効化するよう求めていた。

誘導先は、正規の「WordPressプラグインディレクトリ」のデザインを盗用した偽サイト。プラグインがあたかも2日前にリリースされ、50万以上のサイトで稼働しているかのように見せかけていた。

(Security NEXT - 2023/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施