Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Trend Micro Apex One」に11件の脆弱性 - 早急に更新を

トレンドマイクロが提供するエンドポイント向けセキュリティ対策製品「Trend Micro Apex One」に複数の脆弱性が明らかとなった。いずれも権限昇格が生じるおそれがあり、脆弱性を修正するアップデートが提供されている。

リンクの解釈に問題があり権限の昇格が生じるおそれがある「CVE-2023-47192」や、「CVE-2023-47193」「CVE-2023-47194」をはじめ同一生成元ポリシー違反により権限昇格が生じるおそれがある7件など、あわせて11件の脆弱性が明らかとなった。

いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」におけるベーススコアを「7.8」と評価。重要度を「高(High)」とレーティングしている。

同社では11月1日にリリースした「同Service Pack 1 Critical Patch ビルド12526」にてこれら脆弱性を修正。できるだけ早期にアップデートするよう求めている。SaaSサービスに関しては9月に実施したメンテナンスで修正した。

同社は周知を目的にJPCERTコーディネーションセンターへ脆弱性を報告。JVNを通じても注意が呼びかけられている。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-47192
CVE-2023-47193
CVE-2023-47194
CVE-2023-47195
CVE-2023-47196
CVE-2023-47197
CVE-2023-47198
CVE-2023-47199
CVE-2023-47200
CVE-2023-47201
CVE-2023-47202

(Security NEXT - 2023/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市