Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

QNAP製NASに複数の脆弱性 - 「クリティカル」など4件を修正

QNAP Systemsは、同社製NASに搭載されている「OS」や提供する「アプリ」において複数の脆弱性に対処したことを明らかにした。重要度が「クリティカル」とされる脆弱性も含まれる。

現地時間11月4日にアドバイザリをリリースし、影響を受けるバージョンなどは異なるが、あわせて4件の脆弱性に対応したことを明らかにしたもの。3件についてはOS、2件についてはアプリケーションが影響を受ける。

「CVE-2023-23368」「CVE-2023-23369」は、ネットワーク経由でコマンドの実行が可能となるOSコマンドインジェクションの脆弱性。「CVE-2023-23368」は「QTS」に影響があり、「CVE-2023-23369」については「QTS」「QuTS hero」および「Multimedia Console」が対象としている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「CVE-2023-23368」が「9.8」、「CVE-2023-23369」が「9.0」と評価されており、重要度はいずれも4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

また重要度は2段階低い「中(Medium)」とされる2件の脆弱性が判明。「QTS」や「QuTS hero」のサーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の脆弱性「CVE-2023-39301」や、アプリケーション「Music Station」のパストラバーサルの脆弱性「CVE-2023-39299」が明らかとなった。

同社は、すでに「QTS」「QuTS hero」やアプリケーション向けに脆弱性を修正したアップデートを展開しており、最新バージョンを利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

外来受診者の一部名簿が所在不明に - ちば県民保健予防財団
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター