Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学案内の二次元コードに不備、不正なリンク先に転送 - 学習院大

学習院大学は、同大が配布した2024年度の大学案内に記載されている一部二次元コードに問題があり、本来の意図とは異なる不正なリンク先へ転送される状態となっていることを明らかにした。併記されているURLに問題はなく、URLを直接入力するよう求めている。

同大によれば、同大が発行した「大学案内2024」の113ページに記載されたQRコード1件に不備が判明したもの。同大の最新情報を提供する受験生応援サイト「intro!」へ誘導するためのQRコードが、本来の誘導先とは異なる不正なリンク先へ転送される状態にあるという。

同大は本誌取材に対し、事象の確認を受けてすみやかにウェブサイトで注意喚起を行っていると説明。QRコードを利用せず、併記されているURLを直接入力してアクセスするよう利用者に注意を呼びかけている。

問題が判明したQRコードの誘導先サイトの内容や閲覧時のリスク、掲載に至った経緯などについては、情報を整理中であるとしてコメントを避けた。「大学案内2024」には、多数のQRコードが記載されているが、今回問題が確認された1件以外については安全性を確認したとしている。

(Security NEXT - 2023/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市