Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学案内の二次元コードに不備、不正なリンク先に転送 - 学習院大

学習院大学は、同大が配布した2024年度の大学案内に記載されている一部二次元コードに問題があり、本来の意図とは異なる不正なリンク先へ転送される状態となっていることを明らかにした。併記されているURLに問題はなく、URLを直接入力するよう求めている。

同大によれば、同大が発行した「大学案内2024」の113ページに記載されたQRコード1件に不備が判明したもの。同大の最新情報を提供する受験生応援サイト「intro!」へ誘導するためのQRコードが、本来の誘導先とは異なる不正なリンク先へ転送される状態にあるという。

同大は本誌取材に対し、事象の確認を受けてすみやかにウェブサイトで注意喚起を行っていると説明。QRコードを利用せず、併記されているURLを直接入力してアクセスするよう利用者に注意を呼びかけている。

問題が判明したQRコードの誘導先サイトの内容や閲覧時のリスク、掲載に至った経緯などについては、情報を整理中であるとしてコメントを避けた。「大学案内2024」には、多数のQRコードが記載されているが、今回問題が確認された1件以外については安全性を確認したとしている。

(Security NEXT - 2023/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

申込フォームで個人情報が閲覧可能に - 大阪市コミュニティ協会
Windows向けのバイナリエディタ「Frhed」に脆弱性
学習支援システムから学生情報が流出した可能性 - 名古屋芸大
合併金融機関との口座番号対照表を紛失 - 武蔵野銀
ランサム感染で障害、システム図面などが流出 - レスターHD
注文情報などを異なる顧客へ誤送信 - Yahoo!ショッピング
JPAAWG、GoogleやYahooの「大量メール送信規制」で緊急イベント
米当局、悪用リストから脆弱性1件を除外 - PoC機能せず、CVEは廃番
サイバー攻撃の情報共有で報告書 - 関連文書のパブコメも
WordPress用フォーム作成プラグインに脆弱性 - 早急に更新を