Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客宛のキャンペーン案内メールを誤送信 - パシフィックサプライ

福祉機器を扱う商社のパシフィックサプライは、キャンペーンの案内メールにおいて送信ミスがあり、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、10月17日にバウアーファインドの旗艦店である「BAUERFEIND FLAGSHIOP TOKYO」より320人に送信した「秋のハロウィンキャンペーン」の案内メールでメールアドレスが流出したもの。

送信先を誤って宛先に設定したため、受信者間で送信先となったメールアドレスを確認できる状態となった。

同社では、対象となる顧客にメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2023/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開