Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Array Networks製VPN機器、標的型攻撃の対象に - 侵害状況の確認を

Array Networksが提供するVPNアプライアンス「Array AGシリーズ」の脆弱性を狙った標的型攻撃が断続的に観測されているとして、JPCERTコーディネーションセンターが注意喚起を行った。

2022年5月以降、サイバーセキュリティ協議会の活動などを通じて同製品の脆弱性を悪用した攻撃を確認しているとして注意を呼びかけたもの。国内外の拠点が標的となっており、2022年5月以降、少なくとも関連する6件の攻撃活動が報告されているという。

Array Networksでは、「CVE-2022-42897」を2022年9月に解消。2023年3月には「CVE-2023-28461」を修正した。これら脆弱性に関する実証コード(PoC)は出回っていないものの、複数の攻撃グループが悪用できる状態にあるものとJPCERT/CCでは見ており、警鐘を鳴らした。

製品の利用者に対してアップデートなど対策状況について確認するよう求めるとともに、攻撃が展開された時期や概要、通信先やファイル名などの「IoC(Indicators of Compromise)」情報を提供しており、侵害有無について調査するよう呼びかけた。

またアップデートに関連して再起動時にログが消失する可能性があると指摘。事前にログを保存した上で不審なアクセスが生じていないか調査を行うよう求めている。

(Security NEXT - 2023/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性