Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

森林技術総合センター、スパム送信の踏み台に - 鹿児島県

鹿児島県は、迷惑メールを送信するために同県森林技術総合センターのメールアカウントが不正に利用されたことを明らかにした。

同県によれば、8月11日から18日にかけて、同センターのメールアカウントが不正利用され、意図しない迷惑メールが送信されたもの。

同県ではメールが送信された件数や原因について調査を進めているが、同月20日までに不達となったメール約9万3000件の返信があったという。

問題のメールは、同センターと無関係の内容が英文で記載されており、送信元として同センターを名乗ることなく送信されていた。

同センターでは、8月18日18時にメールアカウントのパスワードを変更し、海外からのアクセスを遮断。またウェブサイトの公開を停止した。再発防止策を講じた上でサイトを再開するとしている。

(Security NEXT - 2023/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応
ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック