Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害、外部転送量わずかも情報流出の否定難しく - コクヨ

コクヨは、同社グループのサーバや端末がランサムウェアによるサイバー攻撃を受けた問題で、調査結果を取りまとめた。

同社では、日本時間6月5日20時30分ごろにシステム障害が発生。ランサムウェアによる攻撃により、基幹系の会計システムをはじめ、複数のシステムやパソコンなどで被害が生じ、影響などを調べていた。

同社は、海外現地法人における同社グループのネットワークより侵入、侵害活動が展開され、ランサムウェアを作成、実行されたことでデータが暗号化されたと説明。具体的な侵入経路については特定済みだが、「公表については控える」とした。脅迫文が残されていたが、犯人の要求には応じない方針。

外部事業者による調査では、ネットワークログに記録されている外部転送に関連したデータ通信量はわずかであり、データが外部に流出した可能性は低いとの報告を受けたという。また個人情報などの外部流通や、攻撃者による情報公開なども確認されていない。

一方、顧客や従業員に関する氏名や生年月日、電話番号、メールアドレスなど約186万件の個人情報について、流出した可能性を否定することは困難であるとし、対象者に対して8月7日以降順次連絡を取る。

サイバー攻撃の影響で、発送などで一部遅延が生じていたが、すでに解消しており通常の体制に戻った。また暗号化されたシステムについても復旧を終えている。

(Security NEXT - 2023/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性