Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ソフトウェア管理に向けたSBOMの導入に関する手引」を公開 - 経産省

経済産業省は、「ソフトウェア管理に向けたSBOMの導入に関する手引」を策定した。初心者向けにメリットや導入プロセスなどを解説している。

ソフトウェアの管理にあたって「ソフトウェア部品表(SBOM)」の活用に関心が高まっており、脆弱性対応における初動期間の短縮や管理コストの低減などに活用できるとしてパブリックコメントを経て策定、公開したもの。

パッケージソフトウェアや組込みソフトウェアのサプライヤーにおける設計開発、製品セキュリティ、法務知財などの担当部門、経営層などを想定読者としており、「SBOM」の導入に関する基本的な情報やポイントについて取りまとめた。

ソフトウェアの脆弱性やライセンスの管理、開発における生産性の向上など「SBOM」を活用するメリットなどを説明。体制の構築から「SBOM」の作成、共有、運用管理までの導入プロセスを取りまとめ、あわせて実施事項のチェックリストを用意した。「SBOM」に対するよく見られる誤解についても紹介している。

「SBOM」の活用に関しては、ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策や脆弱性管理の効率化を目指すとして政府の年次計画である「サイバーセキュリティ2023」にも盛り込まれている。

(Security NEXT - 2023/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
海外出張中に個人情報含むPCが鞄ごと盗難 - ラサ工業