Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINE PLACE」の投稿レシート画像が第三者から参照可能に

LINEは、「LINE PLACE」において投稿されたレシートが本人以外から参照されるおそれがあったことを明らかにした。またLINE公式アカウントにおいても不具合が生じていたという。

LINE CONOMIが提供するスポット検索サービス「LINE PLACE」において、投稿されたレシート画像やURLが、外部よりアクセスできる状態だったことが判明したもの。

投稿者本人が閲覧できるよう機能を用意していたが、脆弱性が存在。開発ツールなどを用いることで第三者がアクセスできる状態だったという。

2020年8月4日から2023年3月30日までに投稿されたレシートの画像や、2018年11月28日から2023年3月30日にかけて投稿されたレシート画像のURLが、ぞれぞれ2021年1月28日、2020年7月20日よりアクセス可能となっていた。

レシートに記載された情報を閲覧することが可能となっており、クレジットカードの一部や氏名などが含まれていた場合は、それら情報を閲覧されたおそれがある。また撮影した画像に「Exif情報」が含まれていた場合は、撮影日時、位置情報なども参照可能だった。

3月27日にLINEが実施しているバグ報奨金制度を通じて報告が寄せられ、問題が発覚。3月30日に脆弱性の修正を終えたとしている。

(Security NEXT - 2023/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市