Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報を紛失、フロア移転時に誤廃棄か - 住宅金融支援機構

住宅金融支援機構は、顧客情報が記載された書類が所在不明になっていることを明らかにした。フロア移転時に誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同機構によれば、マンション・まちづくり支援部において、機構内で保管していた適合証明業務に関する整理簿を綴った文書ファイル21冊が所在不明となっているもの。

書類には、検査機関が適合証明の申請を受けた申請者190人に関する氏名、住所、建築場所、および検査機関の職員40人の氏名が含まれている可能性がある。対象者の特定ができず、類似の書類から対象人数を推定した。

フロアの改修工事のため、4月14日から17日にかけてビル内で部署の移転を行った際、搬入直後に書類が見当たらないことが判明。探索するも発見できなかった。

搬出時には存在を確認しており、移転時に誤って廃棄した可能性が高いと説明している。

(Security NEXT - 2023/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市