Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃準備段階のフィッシングサイトを検出するサービス

TwoFiveは、攻撃に向けて準備段階にあるフィッシングサイトを検知し、情報を提供する「PHISHNET/25」を提供開始した。

同サービスは、ドメインの取得やDNSの設定、SSL/TLS証明書の作成、誘導先となるコンテンツの設置など、フィッシング攻撃の展開に向けた準備と見られる動きをデータソースやクローリングした情報をもとに分析、検知して情報を提供するSaaS型サービス。

検知状況の概況や検知した内容の詳細など、警戒すべき情報をダッシュボードで提供。顧客への注意喚起など、事前対策を支援する。

同社独自のロジックでフィッシングサイトの検出を行っており、日本語で記載されたフィッシングサイトが対象となる。価格はオープン。

今後は、APIやセーフブラウジングなど外部との連携機能を提供する予定。

(Security NEXT - 2023/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom