Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ログイン後に別ユーザーとして操作される不具合 - クラファンサービス

クラウドファンディングサービス「READYFOR」において、ログインした際に無関係である別人のアカウントとして操作が行われる不具合が発生した。

同サービスを運営するREADYFORによれば、6月14日14時半ごろから20時過ぎにかけて、ログインしてサービスを利用する際、別人のアカウントに置き換わる不具合が生じたという。6月14日18時半ごろ、ユーザーから身に覚えのない操作の履歴が存在するとの問い合わせがあり、問題が判明した。

ログを分析したところ、最大57件のアカウントで不具合が生じた可能性があり、別のユーザーより登録情報を閲覧されたおそれがある。同社では同日20時10分ごろ、サービスを一時停止した。

調査の結果、同サービスの改修において、キャッシュサーバの動作が意図しないかたちで変更されたことが原因であることが判明。同社では、改修以前の状態に戻すとともに、キャッシュデータを削除を行った。

同サービスは、15日7時10分ごろに復旧。同社では同日より対象となるユーザーにメールで経緯の報告と謝罪を行っている。

期間中に対象となるアカウントから入力された情報について、別のユーザーから入力された可能性もあるとして秘匿処理を実施した。期間中に行われた支援7件については、有効な支援であるかを確認し、確認できない場合は同社の判断で支援をキャンセルするとしている。

(Security NEXT - 2023/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業