Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数サーバが侵害被害、海外子会社のVPN装置経由で - 村田製作所

村田製作所は、海外の子会社経由でサイバー攻撃を受けたとする問題で調査結果を取りまとめた。サーバより一部データを読みだされた可能性もあるが、重要な情報は含まれていなかったという。

同社では、3月16日にファイルサーバがサイバー攻撃を受けたことを確認したとして、4月に事態を公表するとともに、外部協力のもと原因の究明や被害状況について調査を進めていた。

同社によれば、第三者によって海外子会社のリモートアクセス用VPN装置を経由し、社内ネットワークへ侵入され、複数のファイルサーバがアクセスされたという。攻撃にともなうデータの暗号化や脅迫行為などは確認されていない。

サーバ内には、取引先より提供を受けた業務関連情報や同社の社内情報などが保存されていた。外部へ流出した痕跡などは見つかっていないが、攻撃者によって一部データを読みだされた可能性がある。

影響について調べたところ、重要な情報は含まれていなかった。ファイルサーバ以外の業務システムに対する攻撃については確認されていない。同社では今回の事態を受けて謝罪。関連する取引先へ個別に報告を行っている。

同社では、外部からのアクセス制限や侵入経路の遮断など対策を講じており、引き続きセキュリティ対策など再発防止に取り組む。今回のサイバー攻撃に関して、開発、生産、出荷といった事業継続やサプライチェーンへの影響については否定した。

(Security NEXT - 2023/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を
前回から4日、「Chrome」に再度アップデート - 今回もゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院