Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Interop Tokyo」が開催中 - 「Best of Show Award」も発表

6月14日より16日まで幕張メッセにて「Interop Tokyo 2023」が開催されている。恒例の「Best of Show Award」が発表された。

「Interop Tokyo」は、「相互接続性(Interoperability)」をテーマとして1994年にスタートしたIT総合イベント。今回で第30回を迎えた。最新技術が稼動するネットワーク環境を体験できる。

初日となる6月14日には、恒例の「Best of Show Award」が発表された。同賞は事前に出展者よりエントリーされた製品やサービスから、有識者やメディア関係者で構成される審査委員会が「今年の一品」を選出している。

エントリーできる製品やサービスは、直近1年間にリリースされた新技術を含む必要がある。「Interop」で初披露となる製品などもある。

セキュリティカテゴリでは、2製品がグランプリに輝いた。ひとつはキーサイト・テクノロジーがエントリーした「Vision 400 Network Packet Broker」。400Gbpsに対応した1Uサイズの高密度なパケットブローカーで、重複排除や柔軟なトラフィック分散が可能。

低遅延で帯域をフルに利用できるループバック機能なども備えており、複数のセキュリティアプライアンスを運用する環境において各機器の性能を引き出したり、コストの削減などにつながることが評価された。

20230615_ir_001.jpg
開催中の「Interop Tokyo 2023」。475社が出展している

(Security NEXT - 2023/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開