Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電車内で機密文書が盗難被害、その後回収 - 名古屋市美術館

名古屋市美術館の職員が、機密情報が含まれる文書を電車内で置き引き被害に遭い、一時紛失したことがわかった。すでに文書は回収されている。

問題の文書は、職員が帰省先で作業をするため、許可のもと持ち出した特別展予算書案や図録原稿で機密情報が含まれる。個人情報の記載はなかった。

同市によれば、同職員は帰省のため新幹線で東京駅まで移動。5月26日23時ごろ、乗り換えたJR山手線の車内で被害に遭い、巣鴨駅付近で鞄が見当たらないことに気がついた。

文書を入れた鞄を網棚に置いて座席に座っていたところ、居眠りなどはしていなかったが、目を離した間に盗まれた。別の乗客によって鞄を持ち去る人物が目撃されているという。

問題の鞄については、同月28日にJR東日本より発見されたとの連絡があり、職員が確認したところ、私物の一部は見当たらなかったが、文書はすべて揃っており回収した。

今回の問題を受け、同市では関係者に対して状況を説明、謝罪した。今後は文書を外部へ持ち出す際、鍵付きの鞄に入れ、肌身離さず持ち歩くことを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2023/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom