Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セゾンカード装うフィッシング - アカウントに問題と誘導

クレディセゾンが発行するクレジットカード「セゾンカード」の利用者を狙い、個人情報を詐取するフィッシングメールが増加しているとして、フィッシング対策協議会は注意喚起を行なった。

問題のメールは、「重要なお知らせ」「本人情報緊急確認」「アカウントの確認をお願いします」など少なくとも9種類の件名を用いて送信されている。メールの本文としても複数の文面が確認されている。

文面のひとつでは、本人の利用であるか確認したい取り引きがあるなどと説明。クレジットカードの利用を一部制限したなどとだまし、リンク先より利用確認を行うよう求めていた。別の文面では、システムによる定期的なチェックにおいてアカウントに問題が見つかったなどとし、リンク先よりアカウントを確認するよう促す。

誘導先は会員サイトを装ったフィッシングサイトで、IDやパスワードのほか、セキュリティコードや認証コードなど含め、クレジットカード情報などの入力を求めていた。同協議会では、類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応