Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SLP」に反射攻撃のおそれ、早急にアクセス制限を - 最大2200倍に増幅

「サービスロケーションプロトコル(SLP)」が、リフレクション攻撃に悪用されるおそれがあることがわかった。増幅率も高く、早急にSLPサービスに対する外部アクセスを制限するよう注意が呼びかけられている。

「SLP」は、ネットワークにおいて相互にシステムを検出し、通信できるようにするプロトコル。UDP 427番ポートが利用されている。リクエスト元のIPアドレスを偽装し、攻撃対象へ大量のUDPトラフィックを送りつけることができるリフレクション攻撃に同プロトコルを利用できることが明らかとなったもの。

今回の問題について共同で研究を行なったBitsightおよびCuresecの研究者は、「SLP」を単なるリフレクション攻撃に利用した場合、増幅率は大きくても12倍程度だが、SLPへサービスを登録することで増幅率が格段に増加すると指摘。

多くのSLPサービスではリモートより認証なしに任意のサービスを登録することができ、29バイトのリクエストに対して約65000バイトを応答させることも可能で、最大2200倍とこれまで報告されているリフレクション攻撃のなかでも高い増幅率になると説明している。

調査を行なった2023年2月時点でグローバルにおいて2000を超える組織で5万4000超のインスタンスが公開されていたという。具体的には、「VMware ESXi」をはじめ、コニカミノルタ製プリンタ、Planex製ルータ、IBMの統合管理モジュール(IMM)、Super Micro ComputerのIPMIユーティリティだった。

20230427_sl_001.jpg
影響を受けるSLPサービスが公開されていたIPアドレスの地域やサービスセクター(画像:Bitsight)

(Security NEXT - 2023/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消