Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMSの脆弱性突かれ、サイトが改ざん被害 - 新潟医療福祉大

新潟医療福祉大学は、脆弱性を突く不正アクセスにより同大公式サイトを改ざんされ、一時閲覧すると外部サイトへ誘導される状況だったことを明らかにした。

同大によれば、コンテンツマネジメントシステム(CMS)が不正アクセスを受けてファイルを書き換えられ、同サイトへアクセスすると外部サイトへ自動的に誘導される状態となっていたもの。

4月1日21時40分ごろに不正アクセスを受けた可能性があることを確認。調査を行ったところ改ざんされていることが判明した。4月1日20時51分ごろより、サイトを閉鎖した同日22時10分にかけて改ざんされた状態だったと見られる。同サイトでは個人情報を扱っておらず、個人情報の流出については否定した。

同大では、ログの解析により「CMS」の脆弱性を特定した上で対策を実施。コンテンツに問題がなく、マルウェアなども検知されないことを確認した上で翌2日3時55分にサイトを再開した。

改ざんされた期間中に同サイトへアクセスした心当たりがある場合は、セキュリティ対策ソフトなどを用いてマルウェアに感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料