Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」にあらたな脆弱性2件 - 今後のアップデートで修正予定

「OpenSSL」の開発チームは、現地時間3月28日に脆弱性2件を公表した。いずれも重要度は低く、今後のアップデートに修正が盛り込まれる予定。

リーフ証明書において無効なポリシーのチェックをスキップする脆弱性「CVE-2023-0465」や、証明書のポリシーチェックが有効となっておらず、無効や誤った内容のポリシーが指定された証明書であっても検証に問題がなかったと判断される「CVE-2023-0466」が明らかとなったもの。

2件ともに重要度は、もっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。開発チームは、現地時間3月22日にも脆弱性「CVE-2023-0464」を公表しているが異なる脆弱性となる。

ソースリポジトリにおいて修正が行われたが、独自のアップデートは用意せず、今後提供を予定している「同3.1.1」「同3.0.9」「同1.1.1u」やプレミアムサポート利用者向けの「同.0.2zh」にて、「CVE-2023-0464」とあわせて修正を反映される見込み。

(Security NEXT - 2023/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を