Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」に脆弱性、重要度低く今後修正予定

「OpenSSL」の開発チームは、ポリシー制限が含まれる「X.509証明書チェーン」の検証処理に脆弱性が見つかったことを明らかにした。

悪意ある証明書チェーンを利用してリソースを消費させ、サービス拒否を引き起こすことが可能となる脆弱性「CVE-2023-0464」が明らかとなったもの。

ポリシー処理はデフォルトで無効となっており、有効化している場合に影響を受ける。脆弱性は「同3.1」「同3.0」「同1.1.1」「同1.0.2」に存在しており、深刻度を「低(Low)」とレーティングした。

ソースリポジトリよりパッチの入手が可能だが、アップデートは現段階で用意していない。今後リリースを計画している「同3.1.1」「同3.0.9」「同1.1.1u」や、プレミアムサポート利用者向けの「同.0.2zh」にて修正を反映する予定。

(Security NEXT - 2023/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所
個人情報含む診療報酬の返還に関わる書類を紛失 - 新潟県
IvantiのVPN製品脆弱性、限定的な攻撃から多様な攻撃へと発展
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - ダイヤモンド社
米当局、「Cisco ASA」など悪用が確認された脆弱性4件について注意喚起
「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用