Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカセキュリティGLが改訂 - 2025年までに「EMV-3Dセキュア」原則導入

クレジット取引セキュリティ対策協議会は、改訂版となる「クレジットカード・セキュリティガイドライン 4.0版」を取りまとめ、公表した。

「クレジットカード・セキュリティガイドライン」は、クレジットカード会社や加盟店、決済代行業者など、クレジットカード取引に関わる関係事業者が実施すべきセキュリティ対策を定めたガイドライン。割賦販売法に規定するセキュリティ対策義務の「実務上の指針」として位置づけられている。

クレジットカード情報の盗用による不正利用被害が多数発生しているとし、2022年3月の「同3.0版」から約1年ぶりに改訂した。

クレジットカードの不正利用対策として、2025年3月末までにすべてのeコマース加盟店において、「EMV-3Dセキュア(3Dセキュア2.0)」を原則導入することとし、クレジットカード発行事業者には「EMV-3Dセキュア」における「動的パスワード」への移行を求めた。

また「試行」との位置づけではあるが、クレジットカード情報の保護対策として、EC加盟店には従来の「非保持」あるいは「PCI DSS」への準拠といった対策にくわえ、加盟店契約の申込前にECサイトのセキュリティ対策を実施し、脆弱性対策状況の申告などを求める。またアクワイアラや決済代行事業者では申告を受けた実施状況を確認することとした。

なお、ECサイトのセキュリティ対策のガイドラインに関しては、情報処理推進機構(IPA)が3月16日に「ECサイト構築・運用セキュリティガイドライン」を公開した。経営者や実務者が取り組むべき具体的なセキュリティ対策を示している。

(Security NEXT - 2023/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要