Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ClamAV」にRCE脆弱性、PoCも公開 - 実装製品も更新を

オープンソースのマルウェア対策ソフトウェアである「ClamAV」の開発チームは、アップデートとなる「同1.0.1」「同0.105.2」「同0.103.8」をリリースした。

クリティカルパッチとして2件の脆弱性へ対処したもの。「CVE-2023-20032」は、「HFS+ファイルパーサー」においてバッファオーバーフローが生じる脆弱性。リモートよりコードを実行されるおそれがあり、すでに概念実証(PoC)が公開されている。

また「DMGファイルパーサー」において情報漏洩が生じるおそれがある「CVE-2023-20052」も明らかとなった。開発チームでは、「同1.0.1」「同0.105.2」「同0.103.8」を提供。「同0.104」についてはサポートが終了しており、サポート中のバージョンに更新するよう求めている。

実装されている製品にも影響が広がっている。Cisco Systemsでは「Cisco Secure Endpoint(旧Advanced Malware Protection for Endpoints)」や「Cisco Secure Web Appliance(旧Web Security Appliance)」が「CVE-2023-20032」の影響を受けることを明らかにした。

特に「Windows」にて稼働する製品に影響が大きいとしており、同社ではこれら製品における影響について共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

ただし、「Linux」「macOS」など他プラットフォームで動作する製品については2段階低い「中(Medium)」にとどめた。すでに修正版の提供を開始しているが、「Cisco Secure Web Appliance」の一部バージョンについては、アップデートが3月から5月となる見込み。

(Security NEXT - 2023/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施