Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソースネクストで個人情報流出 - カード決済止めるも不正プログラム削除が後手に

パソコン向けソフトウェアの販売などを手がけるソースネクストのオンライン販売サイトが不正アクセスを受け、クレジットカードを含む顧客の個人情報が外部に流出したことがわかった。

同サイトのシステムにおける脆弱性を突かれ、決済アプリケーションを改ざんされたもの。カート画面で入力された情報が、決済代行会社だけでなく、悪意のある攻撃者のサイトにも送信される状態となっていた。

2022年11月15日から2023年1月17日にかけて同サイトで商品を購入した顧客12万982人において、購入時に入力された氏名、メールアドレスのほか、任意で入力した郵便番号、住所、電話番号などの個人情報が外部へ流出した可能性がある。

さらに決済手段にクレジットカードを選択し、クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコードを入力していた場合は、これら情報についても窃取された可能性がある。対象件数は11万2132件にのぼる。途中で別の決済手段へ変更したり、キャンセルした場合なども影響を受ける。

1月4日にクレジットカード会社から情報漏洩の可能性について指摘があり、翌5日にクレジットカード決済を停止し、外部協力のもと調査を開始した。同社によると、不正プログラムを特定、削除を完了したのは1月17日としており、同日まで情報流出が生じていたという。

(Security NEXT - 2023/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要