Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市

兵庫県赤穂市は、市立保育所において児童などの個人情報含むUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、1月30日17時過ぎに職員がUSBメモリを使用しようとしたところ、見あたらないことに気がついたという。同日14時過ぎに別の職員が職員室で使用し、パソコンから抜いたことは履歴から確認できているが、以降の所在がわかっていない。

問題のUSBメモリには、児童21人分の氏名と生年月日など含む保育経過記録と月間指導計画のほか、児童と保護者5人分の氏名を含む一時預かり保育の利用状況、行事の写真約100枚が保存されていた。

職員室には常時職員がおり、所内で紛失した可能性が高いとして探索を続けている。対象となる児童の保護者には、説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2023/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
Rapid7が「TeamCity」脆弱性の詳細を公開 - 報告側と修正側で意識に差
発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性