Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表

情報セキュリティ大学院大学は、国内においてセキュリティ分野の進展に大きく貢献した個人を表彰する「第19回 情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表した。

同賞は、セキュリティ文化への関心を喚起し、組織の中核をなす情報セキュリティ人材の育成を目的に同大が2005年に制定。セキュリティに関する学術や法制度の研究、啓発普及、人材育成に貢献した学識経験者や、組織において経営的な視点からセキュリティにおける先導的役割を果たした人物を表彰している。

19回目となる今回は、自他薦による公募や審査委員の推薦に基づいて審査委員会で審議を行い、2022年12月23日に受賞者4名を決定した。

受賞した京都大学教授で同大学術情報メディアセンター長を務める岡部寿男氏は、国立情報学研究所において大学間連携のための全国共同電子認証基盤(UPKI)の構築などを主導。

また同大においてイントラネットやインシデントレスポンス体制をいち早く整備。知見を活かして大学間連携に基づく情報セキュリティ体制基盤「NII-SOCS」の構築などを行った。

(Security NEXT - 2023/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ