Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」

同職員は、虚偽の報告をしてしまった理由について「USBの紛失事案が頭をよぎり、自分で探し出すことを優先してしまい、報告する時期を逸してしまった」と話しているという。

今回の問題に対し、同市は重要な事実を報告せず、事実と異なる報告を行い、インシデント発生後の対応が遅れ、情報漏洩のリスクを高めたと指摘。

また事故について誤った内容を公表しており、市政全体への信用を損なったなどとして、同職員を1月25日付けで減給1カ月、月額10分の1の懲戒処分とした。また管理監督者責任として上長2人を口頭による厳重注意としている。

12月15日に発見されたスマートフォンに関しては、同市において調査を行ったが、第三者によって操作された痕跡などは見つからなかったとしている。

(Security NEXT - 2023/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場