Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装

フィッシング対策協議会は、「千葉銀行」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして、注意喚起を行った。

取引目的の確認などと称して、同行のオンラインバンキングサービス「ちばぎんマイアクセス」の偽サイトへアクセスを促すフィッシング攻撃が確認されたもの。

誘導先のフィッシングサイトでは、契約番号やパスワード、氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス、暗証番号などを入力させようとしていた。

1月24日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

前日23日には「静岡銀行」を狙ったフィッシング攻撃が確認され、注意喚起が行われたばかり。関連性は不明だが、いずれもフィッシングサイトにおいてメールアドレスの表記が「メールアドレ」となっていたり、転送を経てフィッシングサイトへ誘導するなど共通点も見られた。今後、両行以外の地銀などが標的とされる可能性もある。

(Security NEXT - 2023/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
フィッシングURLが大幅減 - 10カ月ぶりに1万件下回る
厚労省、医療機関向けにセキュリティ対策のオンラインセミナー
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら