Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 109」、脆弱性10件を修正 - セキュリティ強化も

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版となる「Firefox 109」をリリースした。機能強化のほか、複数の脆弱性に対処している。

今回のアップデートでは、複数の機能強化を実施。Windowsのメディア再生ユーティリティにおいて「Arbitrary Code Guard」によるエクスプロイトの保護機能を有効化した。

さらに10件の脆弱性に対処。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

2番目に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は4件。メモリに関する脆弱性「CVE-2023-23605」「CVE-2023-23606」のほか、任意のファイルが読み込むおそれがある脆弱性「CVE-2023-23597」「CVE-2023-23598」に対応した。

重要度が1段階低い「中(Moderate)」の脆弱性4件、もっとも低い「低(Low)」とされる脆弱性2件についても解消。あわせて8件の脆弱性に対処した延長サポート版「Firefox ESR 102.7」を提供している。

「Firefox 109」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-23597
CVE-2023-23598
CVE-2023-23599
CVE-2023-23600
CVE-2023-23601
CVE-2023-23602
CVE-2023-23603
CVE-2023-23604
CVE-2023-23605
CVE-2023-23606

(Security NEXT - 2023/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正