Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 109」、脆弱性10件を修正 - セキュリティ強化も

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版となる「Firefox 109」をリリースした。機能強化のほか、複数の脆弱性に対処している。

今回のアップデートでは、複数の機能強化を実施。Windowsのメディア再生ユーティリティにおいて「Arbitrary Code Guard」によるエクスプロイトの保護機能を有効化した。

さらに10件の脆弱性に対処。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

2番目に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は4件。メモリに関する脆弱性「CVE-2023-23605」「CVE-2023-23606」のほか、任意のファイルが読み込むおそれがある脆弱性「CVE-2023-23597」「CVE-2023-23598」に対応した。

重要度が1段階低い「中(Moderate)」の脆弱性4件、もっとも低い「低(Low)」とされる脆弱性2件についても解消。あわせて8件の脆弱性に対処した延長サポート版「Firefox ESR 102.7」を提供している。

「Firefox 109」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2023-23597
CVE-2023-23598
CVE-2023-23599
CVE-2023-23600
CVE-2023-23601
CVE-2023-23602
CVE-2023-23603
CVE-2023-23604
CVE-2023-23605
CVE-2023-23606

(Security NEXT - 2023/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenVPN」に「OVPNX脆弱性」 - 3月の更新で修正済み
CrowdStrikeによる障害、約850万台に影響 - あらたな復旧方法も準備中
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
あらたな脅威へ対応する設定ファイルが原因に - CrowdStrike障害
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市