Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新手の攻撃手法「OWASSRF」 - 「ProxyNotShell」軽減策をバイパス

脆弱性「ProxyNotShell」に関連し、「Outlook Web Access(OWA)」を介して攻撃を行う新手の攻撃手法「OWASSRF」が明らかとなった。従来の緩和策をバイパスでき、11月後半以降、積極的に悪用されていると見られる。

「Microsoft Exchange Server」を標的とし、脆弱性「CVE-2022-41040」「CVE-2022-41082」を組み合わせた別名「ProxyNotShell」とも呼ばれる攻撃方法がこれまでも明らかとなっているが、サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)である「CVE-2022-41040」を用いず、別の脆弱性によって「CVE-2022-41082」を悪用するあらたな手法が明らかとなったもの。

CrowdStrikeが、ランサムウェア「Play」の侵入について調査を行っていた際に確認した。ログを調査していたところ、「CVE-2022-41082」とともに11月にセキュリティ更新プログラムがリリースされた「CVE-2022-41080」を悪用していたという。

「Outlook Web Access(OWA)」を介してSSRF攻撃を展開。「CVE-2022-41040」を悪用した場合と同様にリモートよりコードの実行が可能となる。初期侵入後は、「AnyDesk」「Plink」などの正規のリモートアクセスツールを悪用。またイベントログを消去するなど、活動の隠蔽を図っていた。

同社では今回発見した手法を「OWASSRF」と命名。これまでマイクロソフトが「ProxyNotShell」の対抗策として示していたエンドポイントにおける軽減策もバイパスが可能だとしている。

(Security NEXT - 2022/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出