Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日野市立図書館、一部機器でランサム感染 - 通常どおり開館

日野市立図書館は、サーバなど一部機器がランサムウェアに感染したことを明らかにした。一部サービスは停止しているものの、貸出システムなど大部分は無事だったため、通常どおり開館している。

同館によれば、中央図書館事務室内のノートパソコン1台と、中央図書館内に設置しているサーバ5台がランサムウェアに感染したもの。12月17日に被害へ気がついた。

ファイルサーバ内に格納されていたデータが暗号化され、利用できない状態となっている。イベントの参加者、障害者サービスの利用者、ボランティアの名簿など個人情報が含まれる。12月19日時点で、外部においてこれら情報の流出は確認されていない。

貸出システムなど大部分のシステムは被害を受けておらず、開館しているが、利用者用インターネット公開端末、オンラインデータベース端末、集会施設の新規利用申し込み、障害者向けサービスなど一部サービスについて提供を見合わせている。

同市では、被害に遭った端末をネットワークより隔離。委託事業者や関係機関協力のもと、原因の究明や被害範囲の特定を進めていく。

(Security NEXT - 2022/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発