Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都

東京都は、都スポーツ関連施設の工事を委託する事業者がサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。関連する情報が外部に流出した可能性があり、同社へ情報提供を求めている。

都では、武蔵野の森総合スポーツ施設の空調設備工事や、有明テニスの森公園、有明コロシアムの改修、給水衛生設備工事などの工事を菱機工業に委託しているが、12月1日に同社より情報流出の可能性について報告を受けたという。

同社では、11月17日に管理するサーバがサイバー攻撃を受け、システム障害を起こしたことを公表。調査を進めていたが、一部情報が流出したことを確認した。

施工図面などの工事関連情報のほか、都の担当者の名刺、緊急連絡先、工事に関連する都担当者との送受信メールなどが流出した可能性があり、都では引き続き情報を提供するよう同社に求めている。

(Security NEXT - 2022/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都