Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都

東京都は、都スポーツ関連施設の工事を委託する事業者がサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。関連する情報が外部に流出した可能性があり、同社へ情報提供を求めている。

都では、武蔵野の森総合スポーツ施設の空調設備工事や、有明テニスの森公園、有明コロシアムの改修、給水衛生設備工事などの工事を菱機工業に委託しているが、12月1日に同社より情報流出の可能性について報告を受けたという。

同社では、11月17日に管理するサーバがサイバー攻撃を受け、システム障害を起こしたことを公表。調査を進めていたが、一部情報が流出したことを確認した。

施工図面などの工事関連情報のほか、都の担当者の名刺、緊急連絡先、工事に関連する都担当者との送受信メールなどが流出した可能性があり、都では引き続き情報を提供するよう同社に求めている。

(Security NEXT - 2022/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター