Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート

JPCERTコーディネーションセンターは、2023年2月9日に開催する「制御システムセキュリティカンファレンス 2023」の参加申し込みについて受付を開始した。

同イベントは、「制御システム(ICS)」に関するセキュリティをテーマとしたカンファレンスイベント。制御システムに関する最新のセキュリティ情報やノウハウなどを共有するため、毎年開催している。

今回はオンライン開催となり、制御システムのセキュリティに関する振り返りや、「IEC 62443」の最新状況を解説する講演を予定。

またリモート接続における課題、可用性の確保、脆弱性対策の課題、インシデント対応などをテーマに、専門家や実務者が登壇する。

参加費は無料でメールにより申し込みを受け付ける。定員は450人。定員となり次第締め切りとなる。講演のプログラム、申込方法など詳細については、同センターのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院