Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート

JPCERTコーディネーションセンターは、2023年2月9日に開催する「制御システムセキュリティカンファレンス 2023」の参加申し込みについて受付を開始した。

同イベントは、「制御システム(ICS)」に関するセキュリティをテーマとしたカンファレンスイベント。制御システムに関する最新のセキュリティ情報やノウハウなどを共有するため、毎年開催している。

今回はオンライン開催となり、制御システムのセキュリティに関する振り返りや、「IEC 62443」の最新状況を解説する講演を予定。

またリモート接続における課題、可用性の確保、脆弱性対策の課題、インシデント対応などをテーマに、専門家や実務者が登壇する。

参加費は無料でメールにより申し込みを受け付ける。定員は450人。定員となり次第締め切りとなる。講演のプログラム、申込方法など詳細については、同センターのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2022/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町