Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装

警察庁と内閣サイバーセキュリティセンターは、学術関係者やシンクタンクの研究員、報道関係者などを標的とし、組織的なサイバー攻撃が展開されているとして注意喚起を行った。

情報窃取を目的としたサイバー攻撃が多数確認されているとして注意喚起を行ったもの。

攻撃の手口としては、実在する組織の従業員や職員をかたり、「インタビュー取材をお願いします」「研究会へのゲスト参加のお願い」「ご出講依頼」など、実在する組織名などをかたってメールが送信されているという。

講演や取材などの依頼と見せかけ、日程や内容の調整をやり取りするなかで、関連する資料と称してメールの本文に記載したURLやファイルを送り付け、誤って開くと端末内より情報の窃取などを行うマルウェアへ感染するおそれがある。

またメールサービスに対する不正ログインの警告に見せかけた偽メールを送り付け、IDやパスワードを詐取するフィッシング攻撃も確認されている。アカウントが不正アクセスを受けると、メールを閲覧されるだけでなく、受信したメールを勝手に外部へ自動的に転送するよう設定されるケースもあった。

こうした攻撃が発生していることを受け、メールサービスに対するアクセスの履歴や転送設定について確認し、2要素認証をはじめ、基本的なセキュリティ対策を徹底し、警戒するよう呼びかけている。また不審な動きを検知した場合は、警察や内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)へ情報提供するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を