Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正

シックス・アパートのコンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Movable Type」に複数の脆弱性が明らかとなった。

管理画面へログイン後に細工されたURLへアクセスすると任意のスクリプトを実行されるおそれがあるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2022-45122」が判明したもの。

また編集権限を持つユーザーにより「Perl」のスクリプトを実行でき、OSコマンドの実行が可能となるコードインジェクションの脆弱性「CVE-2022-43660」が存在。パスワードリセット画面の特定部分に不正なリンクを設定されるおそれがある「CVE-2022-45113」についても明らかとなった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを見ると、今回判明した脆弱性において「CVE-2022-43660」がもっとも高く「7.2」、「CVE-2022-45122」が「6.1」、「CVE-2022-45113」が「4.7」と続いている。「CVE-2022-45113」「CVE-2022-45122」については、ブロードバンドセキュリティの志賀拓馬氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

シックス・アパートでは、「Movable Type 7 r.5401」「同6.8.8」および「同Premium 1.54」をリリース。それぞれAdvanced版にもアップデートを用意した。脆弱性の修正のほか、機能の改善なども実施している。

(Security NEXT - 2022/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も