Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ibexa DXP」「eZ Platform」に脆弱性 - PWハッシュ漏洩のおそれ

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Ibexa DXP」「eZ Platform」に深刻な脆弱性が明らかとなった。

コンテンツを作成したり、変更したユーザーの機密情報が漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2022-41876」が明らかとなったもの。

GraphQLサーバの実装における脆弱性で、ユーザーアカウントに対する「GraphQLクエリ」により、パスワードハッシュをはじめ、ハッシュタイプ、メールアドレス、ログイン名などを認証なしに取得されるおそれがある。

CVE番号を採番したGitHubでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「7.5」と評価する一方、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

現地時間11月10日にリリースした「Ibexa DXP 4.2.3」「同3.3.28」「eZ Platform 2.5.31」にて修正を実施。できるかぎり早く修正を適用するよう強く推奨している。

(Security NEXT - 2022/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も