Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業

東京化成工業は、米国子会社がサイバー攻撃を受け、日本を含むグループ会社の保有する一部個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社や関連会社の東京化成販売、TCIケミカルトレーディングが事態を公表したもの。6月23日に米子会社のシステムにおいて外部からの不正なアクセスを確認し、同月27日に日本を含むグループ会社が保有している個人情報の一部が外部に流出した可能性があることが判明したという。

流出の可能性があるのは、取引先に関する情報約1200件、個人情報約7000件。会社名、会社住所、担当者氏名およびメールアドレス、電話番号などが含まれる。

同社では7月6日に個人情報保護委員会へ報告、同月8日に警察へ届けた。サイバー攻撃を受けた原因や経路、個人情報流出以外の影響など明らかにしていない。本誌取材に対してはコメントを避けた。

不正アクセスを受けたサーバなどマルウェアの駆除を実施し、7月11日にシステムを全面的に再開。今後は、監視や検知の強化、運用ルールの改善、標的型メール訓練や社員教育の実施など、管理体制を強化し、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開