Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業

東京化成工業は、米国子会社がサイバー攻撃を受け、日本を含むグループ会社の保有する一部個人情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社や関連会社の東京化成販売、TCIケミカルトレーディングが事態を公表したもの。6月23日に米子会社のシステムにおいて外部からの不正なアクセスを確認し、同月27日に日本を含むグループ会社が保有している個人情報の一部が外部に流出した可能性があることが判明したという。

流出の可能性があるのは、取引先に関する情報約1200件、個人情報約7000件。会社名、会社住所、担当者氏名およびメールアドレス、電話番号などが含まれる。

同社では7月6日に個人情報保護委員会へ報告、同月8日に警察へ届けた。サイバー攻撃を受けた原因や経路、個人情報流出以外の影響など明らかにしていない。本誌取材に対してはコメントを避けた。

不正アクセスを受けたサーバなどマルウェアの駆除を実施し、7月11日にシステムを全面的に再開。今後は、監視や検知の強化、運用ルールの改善、標的型メール訓練や社員教育の実施など、管理体制を強化し、再発の防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2022/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市
東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート