Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事前予告で緊張走った「OpenSSL」脆弱性、各社が影響を報告 - 対象製品リストも

「OpenSSL」に脆弱性が明らかとなり、アップデートが公開された。ベンダー各社では今回の脆弱性が自社プロダクトへ与える影響について分析し、情報提供を行っている。またオランダ国立サイバーセキュリティセンターでは、脆弱性の対象製品リストをGitHubにて公開した。

当初、修正対象の脆弱性に関して、重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」と予告されていたため、ネットワーク機器などを提供する各社では警戒を強め、利用者に向けてアドバイザリの準備を進めていた。

アップデートは予告どおり協定世界時11月1日に公開されたが、重要度は1段階低い「高(High)」へと引き下げられた。「CVE-2022-3602」「CVE-2022-3786」を「OpenSSL 3.0.7」にて修正し、早急に対策を講じるよう開発チームでは呼びかけている。

今回の脆弱性について、Juniper Networksでは「Junos OS Evolved」が影響を受けることを公表。「同22.1R1-EVO」には影響なく、同バージョン以降へ更新する必要がある。「Junos OS」「Mist」など7製品については影響がないことを確認。他製品についても調査を進めている。

一方、Check Point Software TechnologiesやPalo Alto Networksでは、自社製品がこれら脆弱性の影響を受けないことを確認したという。

(Security NEXT - 2022/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート