Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DV被害者情報が加害者に流出、一時的な制限解除がそのままに - 薩摩川内市

鹿児島県薩摩川内市において、システムの設定ミスにより、DV被害者の戸籍情報が加害者側に流出する事故が発生した。同市では被害者に対して賠償を行い、和解が成立している。

同市によれば、6月初旬ごろ支援措置対象者名簿を更新し、関係課へ情報提供を行うため、職員が戸籍システム上で被害者の戸籍附票の発行抑止設定を一時的に解除して情報を閲覧したが、設定を戻しておらず、被害者の戸籍附票を発行できる状態となっていたもの。

同月中旬に加害者の申請によって戸籍謄本や附票が発行され、被害者の住所情報が流出。その後7月中旬ごろ、加害者が情報を入手していることを被害者が把握し、同市に連絡したことで問題が発覚した。

不安を与え、引越し費用などが生じたとして、同市はDV被害者に謝罪。弁護士のもと慰謝料や損害などより賠償額を算定し、70万2800円を支払うことで10月20日に和解した。

同市では、危険な作業が本番環境で行われていたことに問題があったと説明。システム改修時などの動作確認用に本番環境と同じデータを参照できるテスト系システムを用意しており、今後情報を参照する際はテスト系システムを利用することで再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2022/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
鹿児島農産品の通販サイトで個人情報流出の可能性 - クレカや認証情報も
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正